メイン画像

日本中では多くの人がマイカーを所持していますが理由にはどこへ

日本中では多くの人がマイカーを所持していますが理由にはどこへ、あるかご存知ですか。
使用目的は、多々ありまして業務で車の運転をする場合や、介護する為の運転であったり、両親の送り迎え等正に個人ごとに異なります。ただ、自分の車があったなら、雨模様の日や体調が悪い日もはるかに電車など手段を使うよりすごく便利のようです。また、その上、車であれば乗り降りが要らなくて直に目的地に行けるので、まだ小さい幼児がいる方などには、非常に重宝されます。

人にとって自動車の必要性とは、どうした訳にあるというのでしょう。
日々のショッピングや仕事、などあって、その他、最近では高齢化社会に伴い、介護用の車など見る場合もあるのです。
デイサービスでは、個人の家まで、要介護者を迎えに行きワゴン車に運びホームへ送り届けるのです。
帰宅時も、送っていく必要性がある為、車は絶対要ります。
また、幼稚園は近くにない場合や幼稚園の巡回バスがない場合、送迎の為の車が必須です。

昔は、自分の車を所持していることが、とても自慢でもありましたが、近年は20代の車保有率がものすごく低めだと言います。
日本経済の状況が不安定で年収も下がって、その上会社の正社員として入社できる社会人のパーセンテージも減る一方です。
10代の人はしきりにお金を使わず、物に向けての愛着心や、考えまでも変わってしまいました。自動車会社や教習所では、10代の車からの離脱を解消する為、あらゆるあの手この手で今後ますます減る、30代の取り込みに、一生懸命です。